ヤレる夜更けのツーショットダイアル

以前から、出会いを求めるなら、
真っ昼間のツーショットが役に立つ!
と公言している自分ですが、
実は深夜帯のテレホンクラブにこそ、
ツーショットダイアルの楽しさはあると考えます。

これって実はつじつまがあわない話ではないのです。
その理由は、深夜のテレフォンクラブより平日の昼間の方が
遊べる恐れは高いことは確実です。しかしながら、、深夜のツーショットダイアルは、痴女と出会う可能性が高く、興味深さでいうと、深夜が勝るという話なのです。

それこそ、スワッピングをお願いしてくる老夫婦だったり、
オシッコをかけて欲しいとせがむ人妻だったり・・・
危ないヤツの見本市なのです。

ところが、そんな深夜帯のツーショットダイアルで、
気をつけておかないといけないコールがあります。
それは、一方的に相談しまくるツーショット中毒女のCALLです。

このタイプの問題は、2つあります。
まず、トークがこちらまで落ち込ませるということ。
テレフォンクラブの楽しみ方は自由だと思います。
しかし、会うか、そうでなければ話して面白いと感じなければ、
男性会員はやっている意味がありません。
にもかかわらず、延々と答えの出ない相談をしてくるのです。

もう1つは、話をやめない点です。
男性はお金を出してポイントを買っていることを理解していないのか、
自分の話を聞いて欲しいことを長い時間話すのです。
話が終わった時の脱力感といったら、無いです。

このタイプの女子に当たったら、
変なことは考えずにCBしましょう。
この判断を誤ると、ただでさえ大事な深夜帯のCALLなのに、
無駄に時間を使われてしまいます。

と言うのは、テレホンクラブは何度でも女性とTELが出来るのだから、
1人のおんなの子に固執する意味はないのです。
あくまでレジャーなのだから、
苦しい思いをして遊ぶモノではありません。

テレフォンクラブでは、こういったイタい子系以外にもサクラやドタキャンといった心労がありますが、
楽しく話せない相手は、即刻フロントバックという向かい方にしていれば、
いちいち怒らないで良くなります。

ですから、若干テレクラ論に話は脱線しましたが、
ヤバいヤツとは関与しないようにして、テレクラを楽しんでください。

以上、これからのテレクラライフを満喫してください

– オススメ –

テレクラはコチラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ