テレフォンクラブでこんなドタキャンはイヤだ!

テレフォンクラブ小話の1つにすっぽかしがあります。
アポをしたのに、アポイントを無視して来ないことを指します。
これがあると、かなりくさりますよね?
そんな目に遭わないためにも、
すっぽかしのケースを覚えておきましょう。

腹いせのケース

ツーショットで出会った女の子に聞くと、
男性会員から汚い言葉をぶつけられることが
けっこう沢山あるそうです。
そこで、恨みつらみを晴らす意味で、
他の男性にすっぽかしをすることがあるのです。
流れ弾もイイところですね(; ̄д ̄)
まったくトークが盛り上がっていないのに、
女の子から待ち合わせを持ちかけられた場合は、用心した方がイイでしょう。

無理やり決められた例

おんなの子は出会うつもりじゃないのに、
半ば脅されて待ち合わせを強要されるので、
その場を凌ぐために
渋々アポを決めてしまう場合があります。
これは男性ユーザーに空気を読め!ということでイエローカード!!!

ライバルに負けた例

普通の話ですが、待ち合わせをした女性が、
アナタよりももっと話が面白い利用者と
トークしてしまったら・・・。
女子はズル賢い!と思うかもしれませんが、
アナタも同じ視点なら楽しい方を選択しますよね?
そういうモノです・・・(´;ω;`)

これらに付け加えて、
前はテレホンレディが待ち合わせをチラつかせて、
引っ張るだけ引っ張って放置というケースもありましたが、
現在はそういった例は無くなったようです。

私はアポの場所が遠いケースに限定して、
通話可能の確証を取らないとアポをしないといった対応策をとっています。
相手をコントロール出来ない以上、
失敗しないスッポカシ対策は無いのでトークのフィーリングなど、
勘を利かせてフレキシブルに対処するのが良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ