恋愛をしない意味

アナタはツーショットに
どういうことを求めていますか?
恋愛や結婚ですか?
それなら、少々厳しいかもしれません。
テレクラは、通常遊び目当ての人
大半だからです。

いっぽう、エッチ狙いと決め打ちして
ツーショットダイヤルに向かえば、
意外と簡単にうまく行くような気がします。
その上、割りきってしまえば、
普段は言わないような恥ずかしいセリフでも、
簡単に言えてしまうモノです。

僅かでも本当の自分が出ると、
変な自尊心が行動を邪魔したり、
逆に思考停止して、
何も戦略を立てないで
テレクラに臨んでしまったりします。

もし、1日限りのエッチに割り切れるなら、
今回は参考になります。

真剣にアポをするな

何も考えずにテレホンクラブで遊ぶと、
待ち合わせが出来たら、
嬉々として待ち合わせスポットに
向かいがちです。
これは、相当ロスが大きいです。

アナタがヒマな
高校生ならば話しは別ですが、
普通の社会人であれば、
動ける時間は限られているはず。
それなのに、ドタキャンされるか
どうかわからない待ち合わせに、
時間を浪費してはいられません。

そんなわけで、約束を効率化すべきです。
カンタンに言うと、
約束を2,3個とりつけたうえで
約束をした場所に行くのです。

ツーショットダイヤルの場合、
効率化の根本的な考え方は、
一定の時間内で
どれほどアポイントのチャンスを
増やすか
です。
要するに、当日に結果を残すために、
最高の努力をするのです。
テレホンクラブに明日の待ち合わせはない
と思ってイイです。
十中八九は、今日出会えるオンナの子を求めて
TELしているのです。

そこで、能率化するためには、
時間をズラして
一緒のエリアで待ち合わせるのです。
こうすることで
移動のムダをなくして、
より多くのアポのチャンスを得られます。

エッチが出来るのは1人?

そんなことは当たり前です。
可愛い子がいたら、
その女子と遊べば良いのです。
それ以降の約束の場所に来た女性は、
アナタが来なければ
今日はナシだと考えます

サブコンテンツ

このページの先頭へ