テレフォンクラブでこんなスッポカシは悲しい!

ワタシがツーショットダイヤルで遊んできた経験から、
ドタキャンのパターンを小見出しのように分けました。
関わりたいモノではありませんが、
これからのために知っておきましょう。

イタズラのケース

2ちゃんねるのツーショットダイヤル板を読んでいると、
以前は随分とスッポカシ被害にあったようです。
電波少年でも、テレホンクラブのイタズラ話ってありましたねWWW

ハッキリ言って、男性としてはたまったものではありませんが、
テレクラ規制法以降、JKの活用が減ったので、
このパターンは激減しました。
自身、このところは遭遇していません。

仕方なしの事例

女の子は出会うつもりじゃないのに、
半ば脅されてアポを強要されるので、
その場を荒立てないために
渋々待ち合わせを決めてしまうパターンがあります。
これは男性会員にワガママをするな!ということでレッドカード!!!

魅力が問題の例

当然の話ですが、待ち合わせをしたおんなの子が、
アナタよりももっと話が面白い男性会員と
トークしてしまったら・・・。
女子はしたたかだ!と思うかもしれませんが、
アナタも同じ立ち位置なら魅力的な方を選択しますよね?
そういうことです・・・(TдT)

このようにドタキャンのパターンは、いろいろです。
ほどほどは話術のレベルアップで対応できますが、
相手がある話しである以上、スッポカシをかまされる恐れは否めません。

ですから、すっぽかしに遭っても、いちいち落ち込まずに、
アンラッキーだったと割り切れる精神の強さこそ、
最強のドタキャン対策と言えるかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ