ナイショのテレホンクラブの掟

テレフォンクラブを使う要因に
コスパの良さを挙げる方がいます。
ところが、ツーショットダイアルは
費用対効果に見合わないと言う人もいます。

この違いは何を意味しているのか?

それは、ある行動をしているかどうか
ということに行き着きます。
過去15年以上に渡って、ツーショットダイアルに給料を使ってきた
わたしだから分かる貴重なテレクラの情報です。

是が非でも、使用してください。

損をして利を見よ

投資で自滅する人は、
決断が出来ない方だそうです。
いつか反転すると夢見ながら、決断を遅らせ、
最低の結果を招く・・・

テレフォンクラブも同じです。
破産することはなくても、
損切りをしないと、コスパは悪くなります。
ざっくり言えば、同じおんなの子と5分話しても、1時間話しても、結論は同じということです。

幸運なことにツーショットダイヤルにはコールバックというシステムがあります。
タイプでなければ、お相手をチェンジ出来るのです。
こんな便利な機能があるにも関わらず、
出会えない女性と延々と話し続けるのは愚か者の極みと言えます。

私の体感から述べると、5分話せば、
出会えるおんなの子かどうか判断が出来ます。

たとえそれまで話した時間が無意味になっても、
5分話してダメだと思ったら、
他の女子に乗り移る方がお得と言えます。

なにか当たり前の話をしているようですが、
現実的にお話のシーンになると、
煮えきれず、なかなか変更できないモノです。

しかし、テレホンクラブは何度でもチャンスは訪れるので、
1人の女の子に囚われないようにしましょう。
ココが待ち合わせ成功の別れ道です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ