深夜のテレホンクラブで失敗した人のために

お仕事を持たれている多くの方は、
人妻がたくさんいる10時〜15時くらいにツーショットダイアルをしたいと思っても、
なかなか時間がないのが現状ではないでしょうか?

そして、休み前にお酒を飲んでから、
『エッチな子と話したい!』
『あわよくばアポイントにありつきたい!』
と期待して、テレクラにTELなんてケースが多いと思います。

そういう時に限って、楽しく会話が出来たのに、
いまから遊ぼうと思っても、時間は真夜中の2時…。
遊びに行くことはちょっとメンドウになってきたし、
相手も「この時間からじゃ…」
という調子で、メアド交換だけして電話を切る。
数日後、メールを送るとエラーが返って来てしまう。

こんな状況を経験した方へ向けて、
夜中のテレホンクラブをクリアーする方法を解説したいと思います。

予定を立てるようにする

ツーショットダイヤルに限定しないことですが、予定は大事です。ゴールを設定して、最終地点へ突き進むことが、成功の秘訣となります。
特にテレフォンクラブでは、自由に話せる前提という先が見えない動きがあるからこそ、計画的に進めないと、ダラダラと購入ポイントを浪費してしまいます。

もちろん、ヒマつぶしで楽しむのならば、計画は必要ありませんが、約束をすることをゴールにするなら、深夜帯のテレクラでは、プランは必要です。

具体的には、最初に約束する場所と時間を自分の中で決めましょう。そうすると、待ち合わせまでの移動時間、準備の時間、トークの終了時間・・・といった流れでに逆算が出来るようになります。

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ