ワリキルことの意味

テレフォンクラブはその場限りの遊びである
これは、私のツーショットダイヤルに
向かう方針であるし、
事実、女子が求めているのも、
そういう使い方だと言えます。

つまり、アポイントの先にはエッチがあり、
そこに到達するまでの男と女のやり取り
ゲーム的に楽しむモノと言い換えられます。

このように割り切ることは、
ツーショットダイヤルでうまく行くための要点と言えます。

割り切ると、
テレホンクラブの見方が変わります。
SEXまでのアプローチが
客観的に見えてきて、
より戦略的に活動が出来るようになります。

だから、今回の記事は
テレフォンクラブを戦略的に
遊ぶコツを説明します。

約束の戦略

テレホンクラブの目的を
セックスとすると、
最も回避したいのは、
アポにおけるロスです。
言い換えれば、
ドタキャンの被害を最小限に抑えることです。

なぜかと言うと、条件として
普通のサラリーマンは
使える時間が限られています。
そのような前提にも関わらず、
ツーショットのドタキャンは当たり前。
ハッキリ言って、すっぽかしは頭にきますが、
怒っても仕方がありません。
事実として起こることですから・・・。

ということで、その対策として、
アポイントを効率化すべきですからす。

テレホンクラブの場合、
能率化のベーシックな思想は、
限られた時間内で
いかにアポのチャンスを
最大化させるか
です。
詰まり、その日に結果を残すために、
最大限の努力をするのです。
ツーショットダイアルに明日のアポはない
と思ってイイです。
9割がたは、今日出会える女性を求めて
電話をかけているのです。

ということで、能率化するためには、
時間をズラして
同じエリアでアポをとるのです。
こうすることで
移動時間の無駄をなくして、
より多くのアポのチャンスを得られます。

エッチが出来るのは1人?

そんなことは当たり前です。
イイ人がいたら、
その女子と楽しめば良いのです。
それ以降の約束の場所に来た女性は、
アナタが来なければ
キャンセルだと分かります

サブコンテンツ

このページの先頭へ