テレフォンクラブのドタキャン

ツーショットで遊んだパターンにいちばんイヤな気分になるのは、
スッポカシに合うことです。
CALLが少ないとか、約束をした女性が可愛くなかったなんて、
ドタキャンと較べればかわいいモノです。

スッポカシに合うと、ワクワク感が大きい時ほど、
失望感は大きく、まさにヤリ場のない怒りに襲われます。

ですから、この記事は、スッポカシの状況を報告致します。

ほぼ1割

クラークの打率ではありません。
現状のドタキャンの恐れです。

あくまで実感ですが、前は、
ツーショットダイヤルのドタキャンは半数前後だったと思います。
ところが、最近は見出しの数字くらいに下落しています。
この数字の変化はツーショットユーザーにとって、
かなり大きな価値を持ちます。
マイナスにしかならない待ち合わせの労力が減るだけでなく、
約束をすれば、「遊べる」という希望を持てるからです。

発端は、私自身のトークテクニックがレベルアップした以上に、
女性利用者のクォリティーがレベルアップしたことが大きな要因だと思われます。

何故なら、昔は夕方の時間帯になると、
学生からのTELが多かったのですが、
学生からの電話は明らかに減りました。
これはよく言うテレクラ規制法のおかげで、
学生レベルまで露出する広告が減ったことと、
学生の興味がツイッターや直アドサイトに向かったことあたりが関係していそうです。

とはいえ、まだ少しはスッポカシがあります。
現状、鉄板の対応はありませんが、
ひとつの意味のある手段としては、
女性の携帯番号を聞くというテクニックがあります。

ただ、すっぽかしをするようなオンナの子は
ウソの番号を教えることもあるので、
さらに確度を高めたければ折り返しのCALLがあった場合だけ
待ち合わせに向かうと良いでしょう。

関連情報

http://qdv.probuggs.com/
安心をして遊べるテレクラ、架空請求をしない安全なテレクラをご紹介します
サブコンテンツ

このページの先頭へ