夜更けのテレホンクラブ必勝法

今回は夜更けのツーショットダイヤルがテーマです。
ワタシがプッシュするのは、平日の午前中ですが、
思えば始めた頃は、けっこう深夜に電話をかけていました。

ムラムラした夜にどことなく寂しい気持ちになり、
「そういえば、まだ通話ポイントが残っていた」なんて感じで
ツーショットを思い出し、ついついコールセンターの番号を調べる。
そして、衝動の赴くままに、ツーショットダイアルに電話なんてパターンが多かったように覚えています。

そういう時は、話は絶好調で、長話をしてしまい、
気がついたら外は明るくなってきている。。。
イイ感じで話せた充足感と睡魔が襲ってきて、結局そのまま終了。
数日後ポイントのムダだったと猛烈に落ち込む。

こんなツーショットダイアルネタ話に思い当たるフシがある人のために、
夜中のツーショットダイアルで失敗しないテクニックを紹介したいと思います。

2時に餃子像前集合

ツーショットダイヤルで予定を立ててから
何でも話せる前提に臨んだことはありますか?
無ければ、ぜひテストしてください。
アポした場所と時刻を決めてから、会話をすると、
アポのうまく行く確率がワンランク上がります。
特に深夜帯のテレホンクラブでは、影響は絶大です。

実際の方法としては、目標を3時に○○前で待ち合わせと設定します。
そうすると、話の道筋やTELの終了時間が見えてきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ