ツーショットをやるなら、知るべき3か条

テレクラでトークすることは、難しいモノではありません。問題は、そこでどれだけ成功したもに導けるかだと思います。

ですので、テレクラマニアの私が中でも大事だと思うポイントを解説します。

①サクラというモノ

サクラを特定する手法は、アポイントの話しをふると、話題をそらすかどうかです。 たぶん内規でアポのドタキャンはNGになっているからです。

ということで、テレホンレディだと分かったら、早めに通話を切り上げ、同じ時間に遊んでいる女の子にチェンジしましょう。

②話し相手の目的を確認しよう

これはツーショットダイヤルにおけるコールの基本です。
スタートから出会い希望のおんなの子であれば、相当ヤバいことを言わない限り、アポイントは夢じゃないです。

しかし、ヒマつぶし目的の女子を待ち合わせに持ち込むのは、至難の業です。このことを把握して、早い段階で相手の子の目的を言わせられるかどうかでアナタのセックス確率は大きく変わってきます。

トークにおける不可欠なキーポイントなので、頭に叩き込みましょう。

③女性も会いたがっている

テレホンクラブにコールしているおんなの子は、基本的に時間が有り余っている人です。素敵なお誘いがあれば、約束をしてもイイと思っているのです。ところが、女子の前だと格好つけて、紳士ぶってしまう男性ユーザーがいます。

ツーショットは普段とは違う空間だということを認識し、女性だってエッチな誘いを待っていると思って、待ち合わせをする口実を作ってあげましょう!

伝言ダイヤルで消極的な男性なんて、なんの意味もありません。自らの欲望に従って行動しましょう。

なんとなく意味は伝わったでしょうか?
どれも決して難しいモノではありません。 注意するだけで、改善できることなので、これからテレフォンクラブをやろうと思っている方は、何としても、実行してみてください。

– 参考 –

テレクラの関連情報
他の人はテレクラで何円くらい使う? (^^)
サブコンテンツ

このページの先頭へ