注意!テレクラの女性の利用者はズル賢い

ツーショットでアポイントのすっぽかしが続くと、
あたかも女性の利用者が競争相手のような気がしてきますね。
だけど、実際にそうでしょうか?

全国に男性ユーザーがアナタ1人だとすると、
日本の女性は奪い合いを始めます。
アナタ自体は何も変わりないのに・・・

この記事ではテレクラビギナーが見落としがちな重要なポイントの紹介を行います。
上に挙げた序文にアンテナが立った方は、
読み進めてください。

敵がいることを認識せよ!

電話で話していると、
まるで彼氏のような気分になってしまうものですが、
アナタとのコールが終わった後、
即刻、他の男と電話をしている恐れがないとは言えません。
いや、むしろその割合の方が高いといえます。

家から電話をかけていると考えつきませんが、
近い地域のどこかにライバルがいるんですね。

そう考えると、アポの場所が遠いケースは、
後回しにした方がイイでしょう。
ドタキャンされた時の懐の損失と精神的ダメージは計り知れないです。

かなり実力のあるテレクラ博士でも、
10回約束して、
実際に会えるのはせいぜい50%くらいなので、
予め失敗に対する危機管理をするのは重要でしょう。

このように大局的に見て、作戦を立てることは
ツーショットの醍醐味とも言えます。
スポーツに見立てるなら、
アナタはプレーヤーであると同時に、
GMでもあるのです。

この考え方を念頭におきつつ、
一回一回の女子との話を大事にすれば、
アナタはツーショットダイヤルのチャンピオンになることは疑いようがないでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ