覚えておきたい伝言ダイアルの遊び方

今回は、テレホンクラブの中でも一際独特な
伝言ダイアルに関して説明したいと思います。
伝言をひと言で言えば
音声による文通のようなモノです。
テレクラはほとんど、一発勝負ですが
伝言ダイアルに関しては、時間をかけて
メッセージ交換を楽しむ遊びと言えます。

仕組みは、オープンボックスと
プライベートボックスというモノがあり
このボックスに音声を録音して、メッセージ交換を行います。

オープンボックスは、自己紹介など
メッセージを公開するために利用します。
言ってみれば掲示板のような役目を果たします。

一方、プライベートボックスは、
自分に保存された伝言を聞いたり
返事を出すことに使います。
また、伝言が届くと
それを携帯などモバイルに
連絡してくれる機能もあるので
定期的にメッセージを確認しにいかなくても問題ナシです。

これらを活用して、異性と話したい人と関係を深めていきます。
ツーショットダイヤルとは違った楽しみがありますね(〃^∇^)

通話になると固まってお地蔵さん状態になってしまい
話したいことの50%も話せない・・・
なんて人には向いているコーナーと言えます。

注意!!

何がなんでもタブーにすべきコトは
オープンボックスに個人的な話を吹き込むことです。
携帯番号は無論
氏名や会社名なども入れない方がイイでしょう。
デートをしてから教えるのがベストですが
どうしてもという時は、
最悪でもプライベートボックで止めておくべきです。

そんなわけで、伝言ダイヤルの
基本的な点をまとめました。
これまでツーショットダイヤルしか
利用してこなかった方は
1度試してみると、
これまで知り合わなかったタイプの女の子
遊べるかも知れませんよ(●´▽`●)ノ

もっと詳しい情報は、
てれくらまっくすで探すと良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ