知っておきたいテレホンクラブの要点

テレホンクラブで話すことは、難しいモノではありません。問題は、そこでどれだけ成功に結び付けられるかだと思います。

ということで、テレクラの鬼のわたしがとくに必要だと思うノウハウを紹介します。

沈黙は金、雄弁は銀

わたしが伝言ダイヤルで出会ったおんなの子に聞きこみをした結果、一番面倒臭がれるタイプは、自らの話しばかりする男性ユーザーだそうです。

ツーショットに電話をかけている女性は、話しをしたくて電話をかけています。もっと言えば、自分の話を聞いて欲しくてTELしているのです。

それなのに、出会いたい一心で話しまくれば、結果は火を見るより明らかです。 おんなの子の要望を把握して、聞き上手になることはテレホンクラブでセックスするための第一歩と言えます。

テレホンレディ対応はクールに

悲しいことですが、ツーショットダイアルにはサクラが存在します。 もうこれは前提として対応するしかありません。
私の友人で、2時間以上テレホンレディーにケンカをした人物がいますが、最終的にはその間に通話ポイントは減っていて、ムダに損をしていました。

サクラだと判別したら、不要な感情は抱かず、FBするのが理想的です。

ツーショットダイヤルの女の子はエロい

女性向けのテレフォンクラブ広告は、ほとんどレディースコミックかギャル雑誌に出稿されています。 これがどういうことを意味するのかというと、ツーショットに電話をかけてくる女性は半分以上がやらしいということです。

もちろん、それでも自分からエッチを誘う女子はなかなかいません。誘われたから、適当にOKしたというケースが50%以上です。

にもかかわらず、否定されることを恐れて、誘わない男性会員が増えているそうです。おんなの子は誘われることを待っていることを記憶して、話題をうまくそちらへ誘導することは、テレホンクラブで成功するポイントです。

なんとなくイメージは伝わったでしょうか?
どれも決して難しいことではありません。 注意するだけで、成功率が上がることなので、これからツーショットダイヤルをやろうと思っている方は、どうあっても、実践してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ