スッポカシの昨今

テレフォンクラブ歴10年以上のプロのワタシですが、じつは1度だけ1年以上関わらなかった時期があります。

その発端は、3回連続してスッポカシに遭遇したからです。この時はさすがに落ち込んで、微妙なおんなの子不信になりました。

すっぽかしに合うと、期待感が大きい時ほど、失望感は大きく、まさに抑えられない怒りに襲われます。
そんなドタキャンに近頃、変化が現れてきたので、この記事は、ドタキャンの状況を報告致します。

自分がテレホンクラブで5連続即えっちをやり遂げた
テレクラが一番イケていた時代、
ドタキャンも激ヤバでした(笑)
それこそ、アポイントの2回に1度くらいの可能性でスッポカシをかまされました。

その可能性が、ここ数年明らかに下降したのです。
確実な統計ではありませんが、だいたい2割くらいに下降しているように思えます。

その原因をわたしなりに考えたところ、
2つの要因が思い浮かびました。
1つは、いたずらの元凶だった学生が
フェイスブックなどに向かったこと。
彼女達は、新しいコミュニケーションサービスで悪さをしていることでしょうWWW

もう1つは、テレホンレディの減少です。
どういう秘密か分かりませんが、
このところテレホンレディーは大幅に減ったように思えます。
もしかしたら、全くいなくなったか、
ありえないくらいにやり口がレベルアップしたのか?
どちらにしても、良い状況です(●´▽`●)ノ

とはいえ、まだ少しはすっぽかしがあります。
現状、正しい対策はありませんが、
ひとつの意味のあるテクニックとしては、
お相手の電話番号を聞くというやり方があります。

ただ、ドタキャンをするような子は
ウソの番号を教えることもあるので、
さらに確実にしたければ折り返しの電話があった場合だけ
待ち合わせに向かうと良いでしょう。

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ