テレフォンクラブのトークで気をつけること

テレクラになんとなく踏み込めない方に理由を聞くと、どういう話題をトークすべきか知らないという原因がたくさんあります。 たしかにテレクラで会話したことがなければ、何をつかみにすればうまくいくか分からないですね。

そんな中でも、ツーショットに果敢にトライしたもののトークが成功しなかったり、いきなり電話を切られて落ち込むなんてこともあります。まぁ、最初はそんなモノですけどね。

さておき、わざわざこのテキストを読んでくれてるのだから、会話のノウハウを解説しましょう。

私はツーショットでいつもアポをとることが出来ます。わたしはトークの名人でしょうか?または、アナウンサーばりの美声の持ち主でしょうか?予想してみてください。

双方当たっていません。ごく普通の中年です。ぶっちゃけ私は女性を全然笑わせていないのです。

つまり、面白い話をしなくてもテレフォンクラブではアポをゲットできるのです。 この考え方は重要です。

ツーショットダイアルは、女性が決定権を持つ場所ではありません。情況は一緒なのです。ですので、相手に面白い会話をする必要はないのです。

すると,話題は決まってきます。大事なことは,お相手がどういった前提でテレクラに電話したのか?それを引き出すことなのです。

一緒の目的であれば、その先は落とし所を決めるだけです。ここにたどり着けば、童貞でも数をこなせば、エッチができると言えます。

万一、目的と合わないケースは,丁重に理由を言ってフロントバックしましょう。この方法が,一番無駄のない方法です。

待機時間が長い日などは,必死になって,目的が合わない女性を遮二無二口説きがちですが,正直言って頑張っても無駄です。

以前のように入室時間で精算される課金システムであれば,絨毯爆撃もしょうがない作戦ですが,いまは,話した時間分だけ課金される形式なので、ムダなおしゃべりをする必要はありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ