ツーショットで鉄板のネタ

「デメルゴチソウするよ!」
この話題で何度アポイントに持ち込んだか分かりませんL(´▽`L )

それくらい美味しい店バナシは、
テレホンクラブにおいて鉄板のネタです。
そこでこの記事では、より詳細にウマイ店トークを分析したいと思います。

特長

  1. 教養がなくても喋れる
  2. 待ち合わせのハードルが下がる
  3. お店の所からトークを広げやすい

①は、かなり高得点です。
映画の話題を話して、
女性がポカンとしていた経験のある人もいるのではないでしょうか?
ほとんど知らないことをトークされるのは
苦しみでしかありません。

②は、トークに興味を持ったら、
「今から行こうよ」と誘えます。
ただ待ち合わせをするよりも、
『良い店に行くため』という口実を作ってあげるとイイでしょう。

③は、この話をすると
「今いる場所から言うと~」という流れになるので、
そこからローカルトークに会話が拡がりやすいです。

という具合に強みは多岐に渡って存在します。

捕まりすぎる

とても誰でも使えるネタですが、
その効用がデメリットになることもあります。

それは、
メシ目当てのおんなの子がハマり過ぎるということです。

ご飯に行けば、時間と金を消費します。
お金に関しては、給料後の方であれば、
問題にならないかもしれませんが、
時間を無駄遣いのは、何よりダメージを受けるところです。

お金は取り戻せても、
時間を取り戻すことは出来ません。
ですので、待ち合わせの先の恐れをトークの間に、
チェックしておくなど、対応策をとれると良いでしょう。
例を挙げると、女性にこれまでのツーショットで、
会ってからSEXに至った体験があるか聞くというような技術があります。

簡単にプラスとマイナスの両面を紹介しました。
後は自分の努力で、特長のイイトコ取りを出来るようにしていってくださいヽ(・∀・)ノ

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ