ツーショットダイヤル視覚化作戦

ツーショットダイヤルは、表情を見てトークすることは出来ません。これは特長でもあるし、デメリットでもあります。

親密度を増すことに焦点をあてると、音声のみであることはデメリットと言えます。 どんなルックスであれ、実際に顔を見て会話するほうが安心感が増すことは確実です。

そこで、どうやって記号化しやすい自己紹介をするかということはツーショットにおいて、かなり大切になります。

視覚化するコツは、楽チンです。 誤解を恐れずに言うと、タレントに例えることです。

目が大きくて、鼻が高くて、アゴがシャープで…と説明するよりも、俳優みたいと言ったほうが伝わりやすいです。

そして、例に出すのならば、良い印象を得やすいタレントにする方がGoodでしょう。 どんなに男前でも、押尾学みたいというと、悪い人の印象まで湧いてしまいます。

自分が頻繁に利用するタレントは、ジャニーズ系やEXILE系などです。

言うまでもなく、実物と相当異なっていると、アポイントの時に失望が大きいので、ある程度方向性が近い人がいいでしょう。

テレフォンクラブでは、女の子と電話する機会はたくさんあるので、様々な芸能人を出して、自分流のエッチに繋がるタレントランキングを作ると面白いですよ。

– オススメ –

http://shitshovelers.org/

サブコンテンツ

このページの先頭へ