テレフォンクラブヒストリー

ツーショットダイアルは日本の地価がとてつもない価格になり、
世間全般が浮ついていた80年代中頃に作られました。

発祥の地については、
複数の説がありますが、新宿を中心として、
一気に全国へテレクラブームを拡大していきました。

初期は、まだローテクな時代だったので、
会員獲得の中心はティッシュ広告でした。
道端で手渡されたティッシュ広告に掲載されている電話番号を頼りに、遊び相手を探したい女の子がツーショットにコールしていました。

当然、携帯電話もない時代だったので、
リアル店舗型のテレホンクラブしか存在していませんでした。
今では考えられないくらいゆるい光景でした。

スタート期は、TELを早くとった男性がおんなの子と話せる早取り制という仕組みだったので、店舗ではアツい勝負が展開されていました。

イイ具合に敵がいると、
女子とのトークよりも、
どちらが早くTELを取れるかの闘いになったものです(笑)

その後、ツールは発達して、
フェアなフロント取り継ぎ制を経て、
家でもTELを受けられる転送型へシステムを改良させていきました。

携帯が一般的になると、
出会いサービスは一気に出会い系が本流となりました。

しかし、悪徳業者が跋扈したため、
成りすましオペレーターなどが社会問題となり、
前からの男性客はツーショットへ鞍替えする流れになりました。

今日は出会いサイトの良い部分を取り込みつつ、
確実に女子と話せる、新たなコミュニケーションサービスとして、
テレクラがまた熱い視線を浴び始めたのです。

関連情報

架空請求しないテレクラ
安心をして遊べるテレクラ、架空請求をしない安全なテレクラをご紹介します
サブコンテンツ

このページの先頭へ