こんな時こそツーショットダイヤルにトライ

諸説ある中でいちばん有名な情報として、
ツーショットのルーツは東京だと言われています。
それまで出会いツールそのものがイメージさえされなかった日本では、
この新しいサービスが瞬く間に拡大をしていきました。

時代的には、いわゆるひとつのバブル全盛期の
80年代中頃から平成の初期。
イケイケの空気感とけたたましいテレホンクラブの宣伝コールが
不思議に合っていたことを思い出します。

テレフォンクラブが出来た創世期は、
ローテクな世の中だったので、
紙媒体の宣伝がメインでした。

レディコミなどに記載された宣伝の番号に何の疑いも持たず、若い女性がCALLしていました。

そして、そのコールを半勃起した男性が置き型の電話の前で待ち構えているという、現在では考えられないくらい味わいのある状況でした(●´▽`●)ノ

特に当時は、
コールを取った順で受けていったので、
半押しなど男性達は知恵を絞って、
よりスマートな電話の取り方を研究したものでした。

それから、フェアなフロント制を経て、
家でもでもコールを受けられる転送型へタイプを変えていきました。

テレホンクラブの復権

時代は進み、ほとんどの人がモバイルを持つようになると、
出会い系が突然時代の中心となりました。
出会いサイトが最盛期の頃には、
テレフォンクラブは用無しのように見なされました。

しかし、出会いサイト関連の問題が噴出し、
出会いサイト=ヤバいという認識が世間に広がると、
前からのユーザーはツーショットダイヤルへ鞍替えする流れが出てきました。

今日は出会いサイトの秀でた部分を取り込みつつ、
必ずトークができる、新たな出会いツールとして、
テレフォンクラブがまた注目を集め始めたのです。

関連情報

テレクラとは
開始5分で待ち合わせ確定、エロ過ぎるテレクラの噂話 (´∀`)
サブコンテンツ

このページの先頭へ