為になる!リバイバルしたツーショット

ツーショットダイヤルの歩みを紐解くと、
そのルーツは新宿の「アトリエキーホール」から生まれたと言われています。

出会いツールが存在しなかった当時のニホンでは
劇的なサービスで、いっぺんに勢力を各地に広げていきました。

テレクラが出来た創世期は、
アナログな世の中だったので、
紙媒体のPRが中心でした。

ファッション誌などに掲載された宣伝のコールセンターに何の疑いも持たず、若い女性が電話していました。

そして、その電話を我慢汁が出ている男性が固定電話の前で待ち構えているという、なんとも味わいのあるシーンでした(・∀・)

ローテク時代を端的に表現した風景として、
「どうやってライバルを出し抜いてTELを取れるか?」
はじめの男性のテーマは、この1点に限られていました。

その後、早取り制から受付けが一括して受け付けて
コールを回すフロント制を経て、
いまの家でもでもTELを受けられる
転送型へシステムを変えていきました。

モバイルが広まると、
コミュニケーションサービスは瞬く間に出会いサイトがメインになりました。

しかし、出会えない系が横行したため、
サクラなどが問題となり、
古くからの愛好家達はツーショットダイヤルへ戻る流れになりました。

今日は出会いサイトのイイ部分を取り込みつつ、
ちゃんとおんなの子と会話できる、新たなコミュニケーションサービスとして、
ツーショットダイヤルがまた脚光を浴び始めたのです。

– 参考 –

http://vbb.feastblog.org/
テレクラ初心者のために、待ち合わせに成功する秘訣やテクニックを紹介します
サブコンテンツ

このページの先頭へ